メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

猛毒家庭の解毒法 37 なにも知らない人が毒親を擁護したときどうするべきか?

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20171113114142j:plain

 

毒親問題の解法のときに困ることは、状況を深く正しく理解しない人が親を擁護してくる問題です。 

簡単な解決はその人たちもふくめて切ってしまえば良いのですが、現実的に難しい人もいるでしょう。

 

毒親(とくに毒性の非常に強い親)は、自分の未熟な問題を棚にあげて「いかに自分が子どもから不誠実な行為をされているのか?」と、味方をつくろうとします。

その味方のなかには、あなたが好きな兄弟や親戚の人がいる場合が多いので、とても困ります。

 

そして毒親はよくウソをつきます。

甘えられる状況はすべてもらいたいので、都合のよい部分だけを自分にとりこみます。

 

このような毒親の言葉にだまされてしまう人は、人を見る目がありません。

つまり毒親問題で苦しむ子どもの人間性を、間違って評価しているのです。

その結果、毒親の不誠実な行為でさんざんな目にあわされているのにもかかわらず、毒親に味方をするのです。

 

この問題で子どもは理不尽さや、不条理さをあたえられ、人生の修羅場を体験します。味方だと思っていた人が、実は味方ではない現実に気づくからです。

 

この状況の対処はひとつだけです。それは誠実さです。

 

毒親は不誠実な行いを無意識に繰り返しているので、そう遠くない日に自滅します。

しかし、味方だと思っていた人まで奪われた子どもが毒親と同じように不誠実な仕返しをしていれば、そのままの状況が続くだけです。

 

しかし、どんなに酷い行為をされても、あなたが誠実な態度を崩さなければ毒親とその味方をしている人はどんどん力を失っていきます。

 

そのなかで、子どもにとって【本当に自分を愛してくれていた人】【実は愛してくれていなかった人】が完璧に理解できます。

 

誠実な対応を心がけると、最後は【本当に自分を愛してくれていた人】だけが残ります。 

これが、毒親問題で苦しむ子どもが誠実さを失わなかったことでえられる、対価です。

 

人は【実は愛してくれていなかった人】とつきあうと必ず不幸になります。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀
カウンセラー 本橋良太

 

 

カウンセリング受付中

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
メール相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

電話相談、対面相談もお受けしております。(要予約 有料)

詳細は下記ブログ内で案内しております。ご確認ください。

shanti2003.hatenablog.com shanti2003.hatenablog.com

 

ご予約方法

メール:shanti.shanti.2003@gmail.com

24時間受付、確認後こちらから連絡いたします

ご予約の際に、お名前、大体のご相談を送信していただけると助かります 

 

電 話 :080-9698-8169(おかけ間違いのないよう、ご注意ください)

受付時間

水・木・金 12時~19時 

火 15時~20時(動画撮影のため)

( 月・土・日と第1火は受付ておりません ご了承のほどお願いいたします)

 

☆ 予約日程の間違いを防ぐため、メールでのご予約をお勧めしております☆

 

カウンセリング定休日

月曜・第1 火曜

 

【PR】電子書籍 パブーにて販売中

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました