メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

毒親だからといって、親を責めているままでは不幸から脱出できない

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170530135024j:plain

毒親を責めているだけでは幸せになれません。 

その「責める(だけ)」が毒親性を意味しているからです。

 

人が『自分の人生の幸せ』を本気で考えたとき、責めている間はなにも進んでいない現実を知ります。

 

責めるイコール毒親との関係に執着している証なのです。

 

毒親は依存関係を子どもに迫ります。

そのため、責めている間は毒親と依存関係を結んでいることになるのです。

 

無理に感謝をする必要はありません。

 

ただ「自分がどうすれば幸せになるのか?」を本気で考え、本気で独立する精神をもったとき、責める(だけ)という状況は100%あり得ません。

 

自分で幸せになれる道が見つかったとき、毒親は問題の一つにしかならないのです。 

現実を自分で動かす意思と実践があれば、のりこえられない問題はありません。

 

カウンセラー 本橋良太

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀

 


親子関係ランキング

 

【PR】電子書籍 パブーにて販売中

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました