メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭崩壊の対処法【No10 幼児性を認める人が大人。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180919191029j:plain
【No10 幼児性を認める人が大人。】

2019年1月24日(木)

 

家庭に無関心。

家族の心に無関心な人は大人ではありません。

 

心が成熟していない子どもです。

 

子どもでは家庭崩壊を未然に防ぐことはできないのです。

 

家庭のなかに問題が起きたとき、無関心で生きて良い存在は子どもです。

なぜなら子どもは親に依存するしか生きられないからです。

 

親が家庭に無関心だと子どもは「子どもらしく生きる権利」を親によって奪われる結果になります。心理的な親子関係が逆転するのです。

 

この不誠実な親子関係から「愛を知らずに体だけ大人になった」という人が現れるのです。

 

では、親はどうすれば良いのか?

 

自分の幼児性を素直に認めることです。

 

「あなたは子どもです」と伝えられ、真摯に受けとる人が成熟した大人です。無視・聞いているフリ・否定・拒否・感情的になる人は子どもなのです。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました