メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No182 小生・本橋良太の生き方。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180709092050j:plain

【No182 小生・本橋良太の生き方。】

2019年1月9日(水)

 

私の個人的な話です。

 

10年前からずっと継続している心の姿勢があります。

 

それは一つの出来事(たいがい、嫌と感じる出来事。)にたいして「そう判断したい部分」を捨てて「そう見たくない、そうであって欲しくない、そう判断したくない」という受けいれたくない事実を見つめようとする姿勢です。

 

これは、しんどいです。

 

自分の信じたいことを信じたほうがストレスがありません。

 

しかし拒否しました。

 

真実から遠くなるからです。

真実が現実なので、当然、現実を変えたほうが幸せは確実に現実になります。

 

信じたいことを無意識に信じる人生は盲目。

 

「あの子が自分のこと好きであって欲しい」はただの虚構です。

「あの子が自分のこと、あり得ないと評価している可能性」を受けいれるのです。

 

この心の姿勢は自分を変えられます。

だから楽しくて、10年前からやめられないのです。

 

個人的な話。恥謝。

 

カウンセラー本橋良太

☆極・個人的な話、、、お聞き頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました