メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

≪No13 ヒトコト☆ 2018.12.5≫

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20181122062409j:plain

≪No13 ヒトコト☆ 2018.12.5≫

 

その相手に自分の人生の答えはない。ヒントがあるだけ。

 

【↑ヒトコト↑にたいする極・個人的な私の気持ち】

相手になにかポジティブ・ネガティブなもの感じたとき、いかに自分に関心するか?が人生を幸せに開く機会になります。

 

相手の責任にしたり、ポジティブに感じる理由を自分ではないからと思ったりしては、もったいない。

 

相手がくれた「なにかしらのヒント」をとりこぼす人生は成長が止まってしまうからです。

 

答えは必ず自分のなかに存在しています。

 

人生の答えを相手に期待しても無理なのです。自分も相手からしたら、そうであるように。

 

ただ自分の心を見つめるとはなんでしょうか?実によく聞かれる質問です。

 

一定時点ですが、自分の心を見つめるとは「どんな状況でもどんな状態でも、なにが起きても(たいていは、うれしくないこと)途中は感情が動き回っても、極端に失敗を経験したとしても、最後の最後は自分の心に帰着して、自分を知ろうとする姿勢を継続すること」だと考えています。

 

最後を相手で終わっていると、自分の人生がなくなってしまうのです。

 

本橋良太

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました