メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No75 「あの人が嫌い」という気持ちを抱きしめて生きる。】

この記事をシェアする

【No75 「あの人が嫌い」という気持ちを抱きしめて生きる。】

 2018年9月21日

 

 

好きは建前がはいります。

 

好きという感情は自分を誤魔化せるのです。

 

しかし嫌いという感情は好きよりも本音に近い可能性があります。

 

もちろん、本当は愛しているけれど甘えて「嫌い」と思うときが人にはあります。

 

嫌いという感情を捨ててはいけません。

 

嫌う自分を嫌ってはいけないのです。

 

好きも嫌いもすべて大切な自分の感情だからです。

人は本音を捨てて快活に生きていくことは不可能なのです。

 

本当は心底嫌っているのに無理して笑顔をつくったりしたら、、いかがでしょうか?

 

人はいつしか相手に恨みの感情をもつようになります。

まだ純粋に相手を恨んでいるだけであれば良いです。

 

問題は他人を恨むために一度は自分を恨まなければならないという点にあるのです。

 

自分を恨むエネルギーをつかって人は他人を恨みます。

だから人を恨むと不幸になるのです。

 

どんなに嫌いでも、その気持ちを抱きしめてください。

世界でたった一人、かけがえのない「私」という存在からでた真であるからです。

 

「私」さえ確立していれば人は必ず幸せの道にはいっていけます。

それが自己愛、どんな自分でも許して認めて受けいれて愛してあげる行動から始まります。

 

その第一歩は、自分の感情の許しなのです。

 

point【嫌う自分を嫌わない。】

 

最後までご覧頂き誠にありがとうございます

カウンセラー本橋良太

 

≪↓本橋から勝手に勝手なお知らせでございます↓≫

☆カウンセリングのご用命は下記までお願い申し上げます☆

☆報われないな、感じたらカウンセリングが必要な一つのサインです☆

 

shanti2003.jimdo.com

 

 

☆心と家庭問題の解放・無料メルマガをはじめました☆  

 

メンタルケア 心の119番
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

 

☆ぽちっと押して頂けましたら感謝でございます☆


生き方ランキング

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました