メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No372 未熟な親はいつも「正当化」】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180709092050j:plain

【No372 未熟な親はいつも「正当化」】

2019年7月22日(月)

 

子どもを真剣に愛するとは、親自身の行動のなかに「正当化」している問題はないか?真に見つめる姿勢を意味しています。

 

考えればいくらでもあげられるはずです。

 

なぜ学校の成績で子どもを裁くのか?評価するのか?

なぜ冷凍食品を子どものお弁当にいれるのか?

なぜ習い事をさせるのか?

なぜ子どもに感情的になって怒るのか?

 

親が子どもにしている行動にたいして、子どもが「なぜ?」と疑問をもつまえに「自分はなぜ、子どもにそのようなことをしているのだろうか?」と自身を見つめる親がマトモな親といえます。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました