メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

15歳から考える家問題【No16 どうすれば「ダサイ大人」にならないのか?】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180705191636j:plain

【No16 どうすれば「ダサイ大人」にならないのか?】

2019年11月25日

 

親のようになりたくない気持ちの根源が、大人になっているにもかかわらず、生き方がかっこ悪い。人として愛を失っている人間性に気づかず精神の成長を感じない。

 

このような気持ちをもっているから、自分は親のように決してなりたくないと思う、子どもは少なくありません。

 

それでは、未熟な親(大人)のようにならないためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えはたくさんありますが、一つ確実にお話できることは、自分が感じた「おかしい」という違和感を決して捨てないことです。

 

なにがあっても、どんなことが起きても、なれ合いの人間関係のなかで「自分の本質的な感覚を譲りわたしたほうが楽であり、その生き方のほうが安心を得られる」ようなときでも、

 

自分自身の心の奥からやってくるその感覚を捨てないことです。

 

この感覚を捨てている大人が多いから、あなたは大人を尊敬できないのです。

 

自分の本音・本質・「私が私であると確信がもてる気持ちの根元」を一時の安心を得る目的で他人に譲渡したり、自ら捨てていたりすると、あっという間に「ダサイ大人」の仲間入りをしてしまいます。

 

ただ、考えや価値観が違っても、闘う必要はありません。

 

決して「自分」を捨てない。それだけ「まずは」十分です。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました