メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

毒親の対処法【No36 どうすれば子どもは毒親への依存を断ち切れるのか?】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20190604060635j:plain

【No36 どうすれば子どもは毒親への依存を断ち切れるのか?】

2019年10月11日(金)

 

人間関係の幸せは自己の信念をもち、対等に交際する姿勢が必要です。

しかし依存関係は無責任な甘えで交際する心理のため、信念が欠如しています。

自己を喪失した形で人と交際すると、どんどん依存していきます。つまり対人関係において幸せになれないということです。

依存は「自分は頼りにならない」という観念を強固にするので、どうしても精神的に弱くなります。

毒親に接してきた子どもは「存在を否定」された経験が普通の子どもよりも圧倒的に多いため、そもそも自信がありません。存在を否定されて自己肯定感が育つはずもなく、信念をもつなど不可能にちかいのです。そのような人は毒親との関係にかぎらず、人との依存関係を断ち切ることは、死に近い強烈なストレスを感じることが普通です。

そして「依存を終わらせなければ幸福な人生はやってこれない」という厳しい課題からも逃れられません。

毒親に自己無価値観を植えつけられた子どもは「圧倒的に幸せになれない環境」で生きているのです。

まずはそのことを自分にわかってもらう必要があるのです。

「皆は普通にできているのに、自分は」と責める必要はありません。

さんざん否定されて生きた経験があれば「皆と同じようにできない」ことが普通と自己を許す姿勢が重要なのです。

 

どの世界にいっても他人は好きなことをいっています。そんな世界で幸せに生きるためには、自己愛を蓄え劣等感を克服し、なんとか残ったエネルギーで一歩ずつ進む。それしかないのです。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました