メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

15歳から考える家問題【No13 大人から怒られたときの冷静さ。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180705191636j:plain

【No13 大人から怒られたときの冷静さ。】

2019年9月6日(金)


親や学校の教師などに「あなたはダメ」などの言葉を聞いたら、誰でもショックを受けます。

 

ただ、どうか「存在を否定する言葉を発する大人」は「小人である」と心の奥で自信をもって頂きたいのです。

 

なぜなら「あなたはダメ」などの言葉を発する大人は「自分をダメな人間と評価している」だけに過ぎないからです。

 

たとえば「赤信号をわたったらダメ」は良いのです。死ぬからです。

 

しかし「赤信号をわたった、あなたはダメ」は間違っています。

 

存在の否定と過ちの批評は同じではありません。

 

誰であってもミスはするので、問題の指摘であればたいていの人は受けいれることができます。

 

しかし存在の否定は「問題を是正はできても自分はやめられない」ので、受けいれる必要がない言葉といえます。

 

「あなたはバカ」は存在の否定です。

「今回、あなたはいけない行動をした」は行動の批評です。

存在の否定ではありません。

 

未熟な大人は自分自身の劣等感から立場の弱い子どもにたいして「存在の否定」しか口にできない場合が多いのです。

 

本当は自分を否定しているだけなのです。しかし気づきません。気づいてしまうと力なき体だけ大人な自分を見つめる・反省する必要性に迫られるからです。

 

15歳。

 

「存在を否定」されたら、相手は自分を否定しているだけなんだと、心のなかに秘めてください。その冷静さは必ず将来の幸福へと結ばれていきます。お約束します。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました