メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No394 テレビを捨てよう。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180709092050j:plain

【No394 テレビを捨てよう。】

2019年8月13日(火)

 

幸せになりたいと思っても、願っても「食べる・寝る・テレビを見る」だけでは不可能です。

 

人間は精神が成長しなければ「今」に存在している幸せに気づけません。

 

ただ食べる。

ただ遊ぶ。

ただテレビを見る。

 

これらは成長どころではなく人間を退化させます。

そしてテレビは思考停止させます。

 

自分の頭で「もの」を考えていないことに気づいていない人が、無意識に不幸になり支配者に都合良く搾取されているのです。

 

人間の精神の成長は必ず「疑問」から生じます。

 

「なぜ?」がない人は成長できません。

 

なぜ学校があるのか?

なぜ消費税があるのか?

なぜ人は必ず病院で死ぬのか?

なぜ豊かなのに自殺者は減らないのか?

なぜスマホばかり見ている人が増えているのか?

なぜ自分は病気なのか?

 

「なぜ?」という疑問には、「幸せに生きたい」本質的な衝動がふくまれています。

 

「幸せに生きたい、しかし現実は違う。なぜだろう?」から疑問は生じているのです。

 

なぜ自分は結婚できないのか?

なぜ家庭が面白くないのか?

なぜ仕事がつまらないのか?

なぜ人を許せないのか?

なぜ貧乏なのか?

 

自分が感じる「なぜ?」は自分の本質的な欲求なため「自分で動く必要」があります。

 

しかし食べる・遊ぶ・寝る・テレビを見るなどの生活基準であれば人間は「思考停止」に陥り世間の動きに合わせて生きるだけの存在になります。

 

思考停止=依存人間です。

依存=自分の人生を手離してしまった人。

 

思考停止・依存人間にならないためには具体的、どうすれば良いのでしょうか?

 

幸せは自分で会得するものと考えて行動する。

テレビ・新聞などの情報は必ず意図があると理解したうえで見る。

スマホに依存しない。

健康や病気を医者に丸投げしない。

自分独りでも社会や政治は変えられると信じる。

大切な人を真実の意味で守るために、どうすれば良いのか?探求する。

群れない。

自分にウソをつきながら仲良いフリをしない。

愛しにくい家族を愛する実践をはじめる。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました