メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

【緊急事項】

この記事をシェアする

【緊急事項】

2019年7月14日(日)


私は今後、

 

子どもたちが大人より長生きできなくなる。

生きていても思考は支配され心は踏みつけられ体は病気にされる。

 

と強く確信しており、今、生きている大人にたいして「なんとかしなければならない」と強く、強く、瀬戸際の危機感を感じています。

 

誰が子どもたちを狙っているのか?

 

大元はイルミナティであり、その下に存在する銀行→企業→国家です。

 

なにが原因なのか?

 

食:スーパーに行けば「食べるもの」であふれかえっていますが、実質、本当の意味で食べるものはなく「かろうじて、口にできる程度」の食品しかありません。

 

心と体を壊す意図をもった食品を子どもたちは大人によって食べさせられています。

 

(遺伝子組み換え食品・F1種・トランス脂肪酸・農薬・添加物・重金属・放射性物質・石油原料)

 

医療:向精神薬の問題など、、あまりにも闇が深すぎて言及する気になれません。どうか大人たちは「本物」ジャーナリストである船瀬俊介氏・内海聡氏・真弓定夫氏の著作を真剣に読んで頂きたいです。死にたくなかったら。

 

電磁波:私たちの食べ物のなかには重金属が多くふくまれています。(水道水・マグロ・缶ビールなど・ほかにもたくさんあります)本来、脳は当然ですが不純物を細胞のなかにとりこみません。

 

しかし電磁波をあびると、不純物を防ぐ脳の機能が低下して重金属が脳細胞にたまってしまう問題が起こるのです。

 

水俣病などは脳の神経系の病気です。原因はあまりにも有名な水「銀」です。

 

電磁波の問題は異常なまでに日本では報道されません。5Gなどは世界規模で反対されているのですが、ほとんど無関心です。非常に非常に危険なのです。

 

子どもたちの命・心が搾取されている問題はまだまだたくさんありますが、、まず大切なことは大人が真剣に自分の体に責任をもち「常識」を疑う姿勢をもつことです。

 

消費税が上がる、年金2000万円(この数字は極・安く見積もっての話)の話なども「仕方がない」ではなく、そもそも消費税などいらないのでは?年金機構はどの会社に勝手に投資していたのか?(兵器会社)など、、

 

大人は一度、すべてのすべてをひっくりかえして、人生を見つめなおす必要があります。それほど、子どもにとって大人にとって差し迫った状況なのです。

 

本橋良太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました