メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭崩壊の対処法【No12 子どもの希望が消えた家。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180702155116j:plain

【No12 子どもの希望が消えた家。】

2019年5月29日(水)

 

親自身が自分の弱さ・未熟さ・器の小ささ・無知・欲に気づこうとしないかぎり、家庭に平和はやってこれません。

 

家庭の幸せや調和は人間の強さ・精神の成長・知恵・正当な欲に根づいて大きくなっていくからです。

 

子どもはなにを親にみたいのか?

 

親の成長です。

 

子どもが一番見たくないものは、親の退化です。

 

子どもが親の成長を諦めたとき、家庭から光が消えるのです。

子どもの光が消えたとき「本来の親の実力程度の家庭」になり殺風景な空気がただよい始めます。

 

子どもが親を信じるという温かさがあったから、親の実力ではないのに避けられていた、不運・事故・不幸はいくらでもあります。

 

子どもの体が親のそばにある・ないではありません。

 

親に希望を失ったときから光のない家庭になってしまうのです。

 

子どもが希望をもてる家。

再三ですが、精神性の成熟しかありません。

 

変わらない、成長しない存在に魅力を感じるのは心の奥では「変わりたくない・成長したくない」と思っている存在だけです。

 

子どもは成長したい、変わりたい存在なのです。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました