メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

本橋良太の過酷なメントレ法【No14 「食べる・遊ぶ・寝る」人間。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180728150835j:plain

【No14 「食べる・遊ぶ・寝る」人間。】

2019年5月22日(水)


月曜日から金曜日、通勤時間が20分とします。

 

5日で100分。

 

1年、働く日を247日とすると、約83時間。

10年で830時間。簿記1級なども500時間あれば、とれる資格といわれています。

 

83時間、ゲームをする人。(時々の息抜きではなく、完全に依存している人)

83時間、自分を高めるために「なにかしら」の勉強をする人。

 

後者が前者に人生の幸せ・器で負けることはあり得ないのです。

 

自分の幸せ・器=他者を幸せにできる力に比例します。

 

どんなに自分に好きな人がいても、その人を守ろうとしても、自分の幸せや器が小さければ、守れません。それどころか、自分が相手にとって大迷惑な存在になります。迷惑をかける意図はなくても結果は散々になります。

 

人は自分を高める意識を気づかない間に放棄してしまうと「食べる・寝る・遊ぶ」で人生が終わってしまうので注意が必要なのです。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました