メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No233 自己愛は正当な権利。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180709092050j:plain

【No233 自己愛は正当な権利。】

2019年3月4日(月)


毒親問題を真剣に乗りこえ克服したいと考える人は、未来の潜在的な幸せ(自分の)を現実にしたいと本気で感じている人です。

 

また毒親と交際しているかぎり「自己努力の幸せ限界値」が下がると、直観では気づいている人でもあります。

 

それは真実です。

 

毒親は人を幸福することができないだけではなく、不幸を伝染させます。(本気で自分の人生を幸せにしようとしない人は、本気で自分の人生を幸せにしようと努力する人の見えないエネルギーを完全に枯渇するまで搾取しつづける「習性」を患っているのです。)

 

ですので本気で自分の幸せを自己努力をもって未来の幸せを確定させるために、できること。

 

それは世間から圧迫される「親に感謝しなさい」という無言のメッセージを受けながし(100%相手にしてはいけませんよ)「まず、さまざまな問題をなんとか乗りこえてきた自分に感謝しなければならない」に意識を切りかえる心の姿勢です。

 

他人はあーだこーだいいます。(お腹が痛いのに、がんばったことを知っている人は世界でたった一人、自分だけ。)

 

気にしないでください。

 

誰がなんていおうと「まず自分に感謝しなければ何も始まらない」からです。

 

逆に考えると自分に「まず」感謝する人生は何でも始められます。

 

心に余裕が生まれれば、いつか親に感謝する自分も手に入るかもしれません。また親に感謝の意思がなくても誰かに感謝するころはできるかもしれない。

 

ただ自分にありがとうをいえない人が愛の意味において、ありがとうと伝えることはできません。

 

確かに、辛かった人生を乗りこえられたのは、誰かの援助があったからです。しかし、どんなに援助があっても「自分が自分を見捨てない意思」がなければ、決して乗りこえることはできなかったのです。

 

自分を諦めなかったのは他人ではありません。

あなたがあなたを真剣に愛していたからです。

 

愛をあたえてくれた自分に感謝しなければ、いったい誰に感謝すれば良いのか?

私は常にそう考えて生きています。とても幸せです。

 

カウンセラー本橋良太

☆お読み頂き誠にありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました