メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

≪誰でも≫幸・不幸のデータバンク 【お金】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20190101135614j:plain

2019年1月2日(水)

 

カテゴリー:お金

 

結論①:無料のものを何でも欲しがる人は誇りを失う人。お金にも恵まれない。

(不幸になる確率「」)(豊かになれない確率「」)

結論②:価格ではなく物の価値を見いだす人は豊かになる素質をもっている。

(幸せになる確率「」)

 

理由:この世界に無料という物・サービスは存在していません。人の手が加われば必ず賃金が発生するからです。

 

どんな物でも無料を求める人は人が働くという行動に畏敬の念を失っています。

 

では、自分の給料が今月はゼロ円といわれたら、いかがでしょうか?100%猛烈に反発するはずです。

 

しかし何にでも無料を求める人は「今月の給料ゼロ円」を現実にしてしまう間違った価値観で生きているということです。

 

人の手が加わりやっと出来た商品やサービスをゼロ円で手に入れようとする人が豊かになれる、幸せになれることはありません。

 

働きにあった価値分の料金を支払わなければ、自分価値を自然と失う結果になるのです。自分の価値が下がる=やはり不幸せな世界に落ちるとなります。

 

カウンセラー本橋良太

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました