メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

≪誰でも≫幸・不幸のデータバンク 【宗教】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20190101135614j:plain

2019年1月1日(火)

 

カテゴリー:宗教

 

結論:宗教の盲信は危険。盲信ではなく活用を意識して接する。

(不幸になる確率「」)

 

理由:人や組織に「すがって」幸せになった人はこの世界に存在していません。宗教が悪なのではなく、どのような姿勢で宗教に関わるか?が重要なのです。

 

強く意識することは宗教を「活用」する意識です。関わることだけで自分が救われる気持ちになるのであれば、ただの依存です。依存は自分の力が無くなってしまう意識です。

 

しかし「活用」であれば主体は自分自身です。

 

人生に起きる問題を解決するのは自分。今の環境で幸せになるのも自分。

 

今よりも確実に良くなるために当該の宗教を勉強し「活用」するのであれば、成長が進むかもしれません。しかし「すがる」・「依存する」という意識・欲に気づかないで宗教に接すると大変危険な状態をむかえます。

 

人間には「それがないと生きていけない」という他人・物・組織は存在しません。

 

自分を真剣に愛して外の世界を真剣に愛する姿勢があれば、必ず幸せになれるのです。

 

カウンセラー本橋良太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました