メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

猛毒家庭の解毒法 48 毒親に復讐】 「毒親に復讐したい!」という気持ちをどうすれば良いのか?

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20171113114142j:plain

 

復讐をした人で【幸せ】になった人は存在しません。

 

しかし、毒親に徹底的に虐げられ人生を破壊された人の立場から考えれば、「復讐したい」という気持ちは当然です。

 

親から愛されなかった過酷な事実だけではなく、強烈な劣等感をあたえられ自尊心を奪われた人が、社会でうまく生きられるわけがありません。

 

毒親から不条理に自尊心を奪われた人が復讐できなかったとき、最後は自分を傷つけます。

 

愛されなかった自分を責め、自尊心を奪われた自分を責め、社会でうまく生きられない自分を責め、生きる希望を失い命を絶っている人は、実際に存在しているのです。

 

「復讐したい気持ち」と「復讐できない気持ち」に板ばさみになり、自己を傷つける人生はあまりにも悲哀で不条理です。

 

では、どうすれば「毒親に復讐したい!」気持ちを手放して生きられるのか?

 

それは「復讐するまでもない取るに足りない存在が毒親」であるという認知です。

 

毒親は、自分の大切な人生の要素である【時間】【精神力】【体力】を消耗してまで相手にするべき存在ではありません。

 

毒親性の意味とは【人格異常者】といえるからです。

 

もちろん「人格異常者だったから」の一言だけで、徹底的に苦しめられた過去が消えることはなく、恨みを簡単に手放す心の行為は困難です。

 

しかり、自分の【後ろ】をぜひ、見て頂きたいのです。

 自分の【後ろ】に誰かいないでしょうか?

 

たとえ見えなくても、必ず誰かが存在しているのです。その存在とは、これからあなたが出会う【大切な存在】です。

 

その存在は【あなたがいなければ、生きていけないかけがえのない人】です。

 

その存在はあなたの【復讐する行為】を100%望んでいません。

あなたと一緒に幸せになりたいと切望をしているからです。

 

自分を幸せにしてくれる、【今】は見えない存在のために【毒親への復讐】を断念してあげる。決して毒親のためではありません

 

人は不条理を乗りこえたとき、必ず強い自尊心を手に入れられます。

 

復讐されて当然だった毒親は、遅かれ早かれ勝手に自滅していきます。

しかしそんな毒親に復讐を行ってしまえば、『人を呪わば穴二つ』になってしまうのです。

 

毒親に復讐したいと苦しむ人は、とても厳しく、とても不条理ですが、自我をのりこえるという偉大な挑戦をしている最中なのです。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀
カウンセラー 本橋良太

 

 

カウンセリング受付中

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
メール相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

電話相談、対面相談もお受けしております。(ご予約が必要です 有料)

詳細は下記ブログ内で案内しております。ご確認ください。

shanti2003.hatenablog.com shanti2003.hatenablog.com

 

ご予約方法

メール:shanti.shanti.2003@gmail.com

 

電 話 :080-9698-8169

受付時間

水・木・金 12時~19時 

火 15時~19時(動画撮影のため)

( 月・土・日と第1火は受付ておりません ご了承のほどお願いいたします)

 

☆ 予約日程の間違いを防ぐため、メールでのご予約をお勧めしております☆

 

カウンセリング定休日

第1 火曜

 

【PR】電子書籍 パブーにて販売中

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました