メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭の処方せん 51 【性の話♥】 男はベッドに【お母さん】を絶対にもち込んではいけない

この記事をシェアする

~枯れた夫婦愛を復活させる「性の話❤」~

f:id:shanti2003:20180108152923j:plain

夫はベッドに【お母さん】をもちこんではいけません。 

奥さんの体を満足させるのは旦那さんの役割です。

 

夫婦のベッドは、夫が甘えるだけの場所ではありません

 

男性は自分でスッキリができても、女性は自分でしても男性のようにスッキリすることはなく、モンモンとした感じがのこってしまいます。 

女性がスッキリするためには、どうしても夫の力が必要なのです。

 

しかし夫がベッドに「お母さん」をもちこむと、【自分だけ】【中途半端】で終わってしまいます。これでは、奥さんは「しないほうがマシ!!」という状況になり、大きなストレスになるのです。

 

お母さんは息子にたいして【自分だけ】【中途半端】な失敗をしても、いつかは許してくれます。 

しかし奥さんは、あなたの【お母さん】ではなく一人の女性です。

 

女性は【自分だけ】【中途半端】な行為をする夫を許す必要はないと知っています。

 

男性が頑張っているのに【中途半端】になってしまったとしても、女性は許してくれます。

しかし、【自分だけ】がついた瞬間、絶対に許せない気持ちになるのです。

 

奥さんをベッドの主役にして【奥さんだけ】そして【最後まで】という行為は、お母さんを求めていない男性ができることです。

 

ベッドのなかに【お母さん】をもちこむと、奥さんは興ざめします。

そのうえ、奥さんが体のストレスをたくさんもっていることに気づかず、【お母さん】を求め続けてしまうのです。

この状況が、夫婦不和の根源的な原因です。

 

奥さんは、【お母さん】の代わりになるために結婚したわけではありません。

ご注意ください。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀
カウンセラー 本橋良太

 

 

カウンセリング受付中

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
メール相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

電話相談、対面相談もお受けしております。(要予約 有料)

詳細は下記ブログ内で案内しております。ご確認ください。

shanti2003.hatenablog.com shanti2003.hatenablog.com

 

ご予約方法

メール:shanti.shanti.2003@gmail.com

24時間受付、確認後こちらから連絡いたします

ご予約の際に、お名前、大体のご相談を送信していただけると助かります 

 

電 話 :080-9698-8169(おかけ間違いのないよう、ご注意ください)

受付時間

水・木・金 12時~19時 

火 15時~20時(動画撮影のため)

( 月・土・日と第1火は受付ておりません ご了承のほどお願いいたします)

 

☆ 予約日程の間違いを防ぐため、メールでのご予約をお勧めしております☆

 

カウンセリング定休日

月曜・第1 火曜

 

【PR】電子書籍 パブーにて販売中

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました