メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭の猛毒に苦しむ人への処方箋 16 【毒親について 短編集 7選】

この記事をシェアする

 心と家庭のコンサルティング
カウンセラー 本橋良太です

 

実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』

f:id:shanti2003:20171113114142j:plain

 

 

1 「私の親はバカ!、大バカ!!」ていってしまう

 親を「バカ」と思っても良いのです。

本当にそれほど偉大ともいえる大バカな毒親が存在しているからです。

 

バカと思ってもいけないと心の自由まで奪ってしまったら、エネルギーはなくなり、たった一度の人生が闇に落ちてしまいます。

 

なのでいってやりましょう。「あなたは大馬鹿だ」と。

いえないのであれば、一人で叫んだっていい。

そのあと、自分をしっかり褒めてあげましょう。

 

 2 血縁関係を強いる人に好きになって良い人はいない

 母親でも、父親でも、祖父でも、祖母でも、あなたにとって嫌な人であれば交際する必要もなく義務もありません。

そんな人生を選択するのは【自分という存在】に極失礼です。

 

好きなものを食べれば幸せになりますが、嫌いなものを食べれば不幸せな人生になります。それと同じです。

赤ちゃんのとき、あなたは「好きなことだけをして生きる」と本当は覚悟をして生まれたのです。思い出してください。

 

そして毒を食べれば少量でも死に瀕する、つまり人生に毒がまわり早く終わってしまうということです。

 

point【血縁関係に怯えず切る覚悟をもちましょう】

 

3 お金か?それとも心か?毒親の選択とは

 毒親は「心」と「お金」どちらを選ぶか?で、結局のところ「お金」に執着し心を捨てている存在です。

 

「お金」にはパワーがあると盲信しているからです。

   

4 心を成長させる権利を放棄した毒親・不良親

 親が自分の精神を成長させる機会がありながらも、しなかった責任を子どもになすり付けて、不誠実な甘えやお願いを今まで通り受けいれてもらうことはできない時代です。

 

まずこのことを子どもは知るべきです。毒親や不良親の心ない接し方に我慢して生きるよりも、自分の人生にエネルギーをかけなければいけません。

自分と立場の弱い存在を守るためです。

 

心は意識して成長させなければ絶対に向上しません。成長しないということは、人として優しくなれないということです。

ですので、成長させる自由を放棄したのであれば、責任をとるしかないのです。もう子どもは親の自由になってはいけません。

 

覚悟がない、やさしくない親から見捨てられてしまう時代になったのです。

本当にやさしくない人は相手にされないのです。

  

5 毒親の正体

 家族の心に寄りそう姿勢を自身の器の小ささから拒否し、放棄している自分を居直り、本当の幸せを手放して生きる。

これが毒親の正体です。

 

毒親の表情をあるがまま見つめてください。恐れで濁っていることに気がつきます。

 

6 毒親は子どもの幸せを食べて生きている

 幸せになりたければ毒親と離れましょう。 

幸せになったら毒親の問題は笑って思い出せます。

 

それまで自分の幸せに集中するべきだと、私は思うのです。

 

7 すべての毒から解放されるための3要素

  1. 自分の頭で考える
  2. 自分で決める
  3. 自分で責任をとる

 

今、毒親問題で必死に耐えている人や、解放を切に求めている人が得てほしい生き方です。

この心理を獲得できた人は迷いません。なぜなら完全に独立しているからです。

 

独立した人を恣意的にコントロールすることは不可能なのです。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀

 

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
メール相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

電話相談、対面相談もお受けしております。(有料になります)

詳細はブログTOPの【料金とお支払方法】に掲載しております

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました