メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭の猛毒に苦しむ人への処方箋 12 【親から愛されなかった寂しさは宝に変えられる】

この記事をシェアする

心と家庭のコンサルティング
カウンセラー 本橋良太です

 

実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』

f:id:shanti2003:20171113114142j:plain

 

毒親は子どもを愛していません。 

子どもは「愛情をもらっていない」と自信をもって良い話です。

 

まだそこまで世間の人も知らない事実です。

 

さらに毒親は子どもを愛していないだけではなく、死ぬまで子どもを慰み者にしようとしていました。 

それが厳然たる事実です。

 

子どもからすれば最悪で、不条理な問題です。

まさか親が自分を支配していたとは思いもしないからです。

 

毒親に育てられた子どもは、不幸せな悪循環とエネルギーが憔悴している状況で生きているのでなかなか気づきません。根源的な幸せから離れないといけないような社会で生きているからです。

 

しかし親から愛されなかった人は、財宝に変わる経験をもっているといえます。

 

それは『極寒をこえた野菜は甘い論』です。

 

ほうれん草は極寒をこえると非常に甘くおいしくなります。中途半端な寒さではたいした甘さにはなりません。大根も白菜も同じです。とくに根元が非常においしいのです。

 

人にも同じことがいえます。

 

親から愛されなかった人は神様から「あなたは耐えられるから苦しい状況をあげるね」と境遇をプレゼントされた人です。

神様は、過酷な状況を乗りこえる才能がなければ愛をくれる親を用意したはずです。

 

しかし現実は毒親です。とんでもない親です。

しかも、世間にはまだ認知されているといえない状況です。

 

毒親問題の寂しさを乗りこえた人は、人を救えるヒーローになれます。極寒をこえたことで、愛されなかった人の傷みやどんな状況でも力強く生きるための知恵があるからです。

 

魅力はたくさんの困った人を引きよせます。「あなたがいなければ困る!」といわれる、つまり深く愛される人生になるということです。人は人から愛されないと幸福になれないのです。

 

それが寂しさを宝に変えることです。魅力にはどうしても艱難辛苦が必要なのです。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀

 

 

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
メール相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

電話相談、対面相談もお受けしております。(有料になります)

詳細はブログTOPの【料金とお支払方法】に掲載しております

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました