メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

枯れた夫婦愛を復活させる「性の話♥」 5 【旦那さんの「仕事が忙しいから」は奥さんを不感症にする】

この記事をシェアする

心と家庭のコンサルタント
カウンセラー 本橋良太です

 

夫婦関係において充実した性生活は家庭の調和を実現させます。

f:id:shanti2003:20170615161841j:plain

 

旦那さんは、ついつい家庭への無関心な自分を「仕事がいそがしいから」といい訳をします。

 

一見、夫婦のベッドと無関係に思えることですが、実は大きく関係している姿勢です。

 

なぜなら家庭問題の共有・共感を欠如している旦那さんのセリフが「仕事がいそがしいから」だからです。

 

ベッドはお互いの感じあいがなければ、本当の快感は不可能なのです。

 

「仕事がいそがしいから」と旦那さんにいわれた奥さんは、共感できる心理的な土台を失います。

 

【共感できない=奥さんは感じない】なのです。

 

男性は性の行為中に女性が喜んで感じてくれないと、とても傷つきます。存在を否定されているかのように感じてしまうからです。

否定されたかのような性生活が続くと、男性は女性に怒りをもちます。

 

怒りをもつまえに、否定されたと思うまえに、旦那さんは「奥さんを共感する意思があったのか?」と省みる姿勢が必要です。

 

共感とは微差の積み重ねです。

 

たとえば缶ビールを飲んだら、空き缶がでます。夏場ではそのままゴミ箱に捨てるとゴキ〇リを呼び寄せます。

奥さんは当然、嫌がります。

 

このとき奥さんに「一度、水をいれてシャカシャカしてから捨てて」と頼まれ「なにも考えないでそうする」ではNGです。

 

「あ、そうか、奥さんは虫が嫌いだからだな」と気持ちを「共感」してあげる心の姿勢が重要なのです。大げさではなくゴキ〇リがこなければ家庭を一つ守ったことになります。

 

奥さんは旦那さんと「家庭を一緒につくっている」という共通の思いを感じあいたいのです。

 

この感じあいは、ベッドでも共有できるのです。

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
電話相談 IP電話(固定電話) 050-1209-5230
メール相談は、一切料金を頂いておりません。

2018年2月14日までは、電話相談 無料
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

ご注意ください

2018年2月15日以降は、電話相談は有料となります

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました