メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 30 【毒親に殺意をもったとき、どうするのか?】

この記事をシェアする

 心と家庭のコンサルタント
カウンセラー 本橋良太です

 

実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』

f:id:shanti2003:20171113114142j:plain

 

自分とういう存在にたいして無関心である毒親から、何度も不誠実な行いをされつづけた人は殺意をもちます。

 

この殺意は異常な感情ではなく、人として自然な心理です。

 

殺意を異常な感情と判断する必要も、無理におさえこむ必要もありません。どんな人でも自分の心をふみつけられれば殺意をもつのは普通だからです。

 

毒親にたいして殺意をもった人は「自分の心が極限まで追いこまれている」と理解する姿勢が大切です。

そして「親か?自分か?」人生の幸せにかかわる根源的な問いの答えが今、求められているのです。

 

毒親にぶつけたいエネルギーは、現状を打破する力に変える。

殺意をもった自分への完全な肯定感と親から完全に独立する意思で負の感情は乗りこえられます。

 

そして殺意を鳥瞰図(ちょうかんず)で判断したとき、「新しい人生を始めたい欲求」と「夢を実現させる力」が存在していた自分に気がづきます。

毒親に殺意をもったときは同時に未来に希望をもっているときでもあるのです。

 

依存心を捨てて独立の道を進むのです。

 

 

🍀ご覧頂きありがとうございます🍀

 


あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。
なお、ご相談内容の秘密は厳守いたします。

 

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
電話相談 IP電話(固定電話) 050-1209-5230
メール・電話相談は、一切料金を頂いておりません。
「辛い」「苦しい」「助けて」と思ったとき、ご連絡ください。

 

 

ためになった、心が少し軽くなったなど
心が前向きに変化しましたら、クリックお願いします。


人気ブログランキング

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました