メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

精神問題の哲学 33 【死なないと思っているから「後まわし」にできる】

この記事をシェアする

心と家庭のコンサルタント
カウンセラー 本橋良太です

哲学シリーズ メンタル・人間関係・アダルトチルドレンなどの問題をまとめました

f:id:shanti2003:20170606145050j:plain

 

 今できることを「後にする」という癖がついてしまった人は、人生の時間が止まった人です。

 

そして心の底では「人生は一度しかない」という当たり前のことを当たり前にしていない人です。

 

自分は死なないと思っているのです。

 

3歳の子どもでも死ぬことは理解しています。

しかし本当の意味で「死」を意識、理解できていない大人は多いのです。

 

「後にまわす」とは人生を前向きに進めないということです。

前に進めなければ、人は変化をしません。

成長・成熟は幸せの大原則は「変わらなければ得られない」です。

 

「後にまわす」行動をしていれば精神的な問題がドンドン自分の背中、人生に積み重なっていきます。

当然、なにをするにも重たくてフットワークが悪くなります。

その結果、うれしいことは半減し苦しいことは2倍になったりします。

 

「今」できることを「今」行う人が人生を進める人であり、身軽に行動できる人です。 簡単なことほど「後まわし」にしない姿勢が大切なのです。

 

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。

shanti2003.hatenablog.com

shanti2003.hatenablog.com

メール相談 shanti.shanti.2003@gmail.com
電話相談 IP電話(固定電話) 050-1209-5230
メール・電話相談は、一切料金を頂いておりません。

 

 

ためになった、心が少し軽くなったなど
心が前向きに変化しましたら、クリックお願いします。


人気ブログランキング

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました