メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

精神問題の哲学 18 【人間性の弱さを維持したままの結末は?】

この記事をシェアする

 

 

自分の弱さを後ろ向きに受けいれ続けると、人は果てしなく弱くなっていき、常に犠牲となる他人を必要とします。

 

この精神状態が『依存』です。

 

そして依存の末期症状が他人(身近な家族をふくめ)の苦しみにたいして、完全な無関心状態になってしまうのです。

 

人と関わる心を手放した人間に、本気で関わろうとする人間はいません。

当然、配偶者や子ども、孫も例外ではありません。

 

そのため、弱さを見つめ改善しようとしないかぎり、完全なる孤独の道を進むことになります。

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。

shanti2003.hatenablog.com

 

 


人気ブログランキング

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました