メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

家庭の猛毒(毒親、毒祖父、毒祖母 etc)解決哲学 12 【毒親が子どものエネルギーを奪わないといけない理由】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20171101171723j:plain

 

本橋良太です

哲学シリーズ  がなくなればあとはしか残らない

 

 

 

毒親は、子どもが健全に生きようとするエネルギーを奪います。

 

子どもに、「人生を愛であふれさせ、快活に生きて欲しい」という気持をもつよりも、大人になっても満たされない毒親自身の心を癒してもらいたいという欲求のほうが大きいからです。

 

そして自分の精神状態をコントロールさせたり、人生は自分自身で幸せにするという現実を、毒親は受け入れることができないのです。

 

子どもが自立してしまうと、心の癒しや不幸せを自分の力ではどうすることもできないため、子どものエネルギーを奪い続けるのです。

 

自分の親が「毒親かもしれない」と少しでも感じるようなら、少しづつ離れる準備をしていきましょう。

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

 

あなたの辛い悩みが、少しでも軽減する一助になります。
ぜひ、一人で悩まず私にご相談ください。

shanti2003.hatenablog.com


人気ブログランキング

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました